かぐらなんばん

ごつごつした果形、さわやかな辛味――新潟県長岡市山古志地域

調査地:新潟県 長岡市山古志虫亀
産地:新潟県 長岡市山古志地域
生産量:1.5t
生産者:12名
流通・購入ガイド
(有)エヌエイジー
入手先に関するお問い合わせ
(有)エヌエイジー TEL 0258-47-4610
調査内容のお問い合わせ
長岡中央青果(株)
〒940-2127 新潟県長岡市新産1-1-15
TEL 0258-46-7317 FAX 0258-46-7016

魅力、利用、継承

 かぐらなんばんをたたいて塩もみしただけのシンプルな伝統食、「たたき」

 新潟県古志郡山古志村(現長岡市)で栽培されるきわめて独特な南蛮(とうがらし)である。肉厚、大型で、さわやかな辛味が身上で、ゴツゴツとした外観が神楽面に似ていることから「かぐらなんばん」と呼ばれるようになった。

 由来などの記録はないが、おそらく、15世紀頃わが国に渡来した南蛮の原種に近いものであろう。長い年月、村内の家庭で自家用に細々と栽培され、世間に知られることがなかったが、1998年のJA越後ながおかの農業祭にて発見され、「長岡野菜」として栽培がすすめられた。

 食べ方は、サラダ風のたたき、揚げびたし、てんぷらなどで、味噌漬けや塩漬けもよい。

 タネは自家採種されてきたが、交雑しやすく独自な形質が失われる心配があるので、今後は採種者を限定していく方針である。