Home >> 分類別:いも類

下栗二度芋(しもぐりにどいも)

山村の風土が生む 在来馬鈴薯――長野県上村下栗

調査地:長野県下伊那郡
産地:長野県下伊那郡上村下栗
生産量:2,380kg(H14年に確認できた量。全体の推定量は3t)
生産者:17軒(H14年に確認できた数。全体の推定戸数は30戸)
流通・購入ガイド
  • 現在市場出荷はされていない。
  • 上村特産品販売所(TEL0260-36-2210)、はんば亭(TEL0260-36-1005)で購入または食事をすることができる。
  • 要望に応じて郵送・宅配している農家もある。
    入手先に関するお問い合わせ
    上村 特産品販売所 長野県下伊那郡上村
    TEL 0260-36-2210
    調査内容のお問い合わせ
    信州スローフード協会
    〒381-2207 長野県長野市大橋南2-37
    TEL 026-286-3050 FAX 026-286-3996

  • 魅力、利用、継承

    名物芋田楽

     信州遠山郷の標高800〜1000mの急傾斜畑でつくられてきた馬鈴薯で、集落名「下栗」からその名がつけられた。肌色が白と赤の2系統があり、白いもはさらに早生と晩生に分かれる。赤いもは、かつて栽培されていたものは、休眠が浅く7月に収穫した芋を植えると、10月にまた収穫できた。それで「二度芋」。食糧難時代には貴重な品種だった。

     白いもは紛質が強く、ふかすと割れるほどだが、甘味・旨味ともに強い。赤いもは、よくしまっていて、煮崩れしにくく、貯蔵性もよい。そのため、名物料理「芋田楽」にぴったりだ。田楽は、小さめの芋をゆでて、三つほど串刺しにして、地元産の味噌とえごまが入ったタレをつけて、囲炉裏端で焼いた。これが、平成13年に長野県選択無形文化財に指定されている。

     タネいもは、各生産者が自家採種している。美味しいいもなので地域特産として生産されており、他の品種が入ってきて、混ざることはない。信州大学にメリクロン培養もしてもらっている。また、いもの利用などを研究する「下栗イモグループ」ができて活動し、普及センターなどが支援している。