みどよ

山間地で大事につくられた餅用の粟――奈良市高樋町

調査地:奈良市高樋町
産地:奈良県奈良市高樋町
生産量:約2畝
生産者:2名
流通・購入ガイド
  • 市場流通は行われていない。
    入手先に関するお問い合わせ
    三浦雅之
    奈良県奈良市高樋町843 NPO団体清澄の里
    TEL 0742-50-1055
    調査内容のお問い合わせ
    清澄の村
    〒630-8411 奈良県奈良市高樋町843
    TEL 0742-50-1055 FAX 0742-50-1055

  • 魅力、利用、継承

     十津川村や大塔村などの山間地では、乾燥地や痩せ地、寒い土地でもよく育つ雑穀が大事に栽培されてきた。みどよは、十津川村在来の粟の一種で、おもに餅にされ、神社仏閣へのお供えにもされた。

     粒の色は黄色味をおびており、黄色い餅になる。茎の節や葉の先が紫色になるのが特徴である。中生の品種で、タネ播きは、山間地では4月中旬、大和盆地では4月中旬から6月上旬で、収穫は10月中旬ころとなる。収穫は、穂だけ切り取り、乾燥・調製する。

     NPO団体「清澄の村」が、奈良市高樋町の生産農家とネットワークを組んで、タネの保存活動、および地域特産化を進めている。

     もち各種。中央の黄色い餅がみどよで作られたもの。その他たかきび、ヨモギなどで作った様々なもち。