今市かぶ(いまいちかぶ)

かぶと葉をいっしょに漬物、煮物に――奈良市高樋町

調査地:奈良県奈良市高樋町
産地:奈良県奈良市高樋町
生産量:約4畝
生産者:3名
流通・購入ガイド
  • 市場流通は行われていない。
    入手先に関するお問い合わせ
    三浦雅之
    奈良県奈良市高樋町843 NPO団体清澄の里
    TEL 0742-50-1055
    調査内容のお問い合わせ
    清澄の村
    〒630-8411 奈良県奈良市高樋町843
    TEL 0742-50-1055 FAX 0742-50-1055

  • 魅力、利用、継承

     昭和30年ころまで奈良市今市町でさかんに栽培されていた、早生で中型、扁平な形をしたかぶである。独特の風味があり、葉もやわらかくて美味しいので、いっしょに漬物、あるいは煮物にされた。

     大型のかぶに比べて、出荷のとき、洗って束ねるのに手間がかかるなどの理由で次第に姿を消し、今日では市場流通はない。

     奈良盆地でのタネ播きは9月中旬で、収穫は10月から翌年2月上旬ころまで、春播きの場合は4月中旬ころとなる。

     タネは種苗会社が保存し、生産者は数名。NPO団体「清澄の村」が生産農家とネットワークを組んで、タネの保存活動と地域特産化を進めている。

     カブの餡かけ。今市カブの独特の風味と食感を生かした煮物に餡かけを加えた。