大和まな(やまとまな)

霜で美味しさ最高のときに――奈良県東部・大和平野地域

調査地:奈良県東部・大和平野地域
産地:奈良県東部・大和平野地域
生産量:4ha
生産者:戸数不明
流通・購入ガイド
  • 生産地域の朝市・直売所。
    入手先に関するお問い合わせ
    阿騎野新鮮野菜直売所(12〜2月)
    TEL 0745-83-1300
    調査内容のお問い合わせ
    奈良県農業技術センター高原農業振興センター
    〒633-0227 奈良県宇陀郡榛原町三宮寺125
    TEL 0745-82-2340 FAX 0745-82-7841

  • 魅力、利用、継承

    「まな」とあげのおひたし。独特の甘味が生かされ、煮物によく合う。

     かつては油採り用に栽培していたものが、漬け菜として利用されるようになったもので、県東部・大和平野地域の各所で特徴ある「まな」とその料理法が伝えられてきた。

     朝晩の冷え込みが厳しくなる12月から2月、大和まなは、寒さと霜に当たって、ほかの菜類にはないやわらかさと独特の甘味がいっそうましてくる。油揚げなどとの煮物は、晩秋から冬の懐かしい家庭の味で、美味しい。

     収穫後の日持ちが悪いため、市場流通にのりにくく、まさに自家用の楽しみだが、朝市・直売所に出るようになり、消費者にファンがふえてきた。

     タネは自家採種され、県農業技術センターでは採種と種の保存、機能性などの研究をおこなっている。