Home >> 分類別:いも類

日田1号(ひたいちごう)

自家用だけ、白さと粘りのさといも――大分県日田地域

調査地:大分県 日田地域
産地:大分県 日田地域
生産量:把握できていない
生産者:把握できていない
流通・購入ガイド
  • 自家消費が主体で一般に知られていない。
    入手先に関するお問い合わせ
    非公開
    調査内容のお問い合わせ
    大分県庁農林水産部安全流通室
    〒870-8501 大分県大分市大手町3丁目1-1
    TEL 097-536-1111(内3657)
    FAX 097-538-5727

  • 魅力、利用、継承

     日田市や天瀬町など日田地域で自家用に栽培されてきた、やや細長い形をしたさといもである。他品種との明らかなちがいは、少し専門的になるが、葉柄の地ぎわ部に中から伸びてくる新しい葉柄を抱くように縁どりができること。着物の襟に似ていることから「襟かけ」と呼ばれる。

     いもの肉質は、粘りがあってきめ細かく、色は真っ白で熱しても紫変などせず白さを保つことが特長だ。粘りがあるのに、皮をむくとき痒くならないというよさもある。煮付に美味しく、地元では味噌汁の実にも使われる。

     タネいもは地元の種苗店の販売もあるが、各農家で保存している。春に植え付けて、9〜10月に収穫する。

    県では地域固有食材発掘事業で、調査や、加工特性の研究などの支援をしている。