ニガナ

薬効の苦味をおいしさに――沖縄県

調査地:沖縄県国頭村
産地:沖縄県国頭村 ほか沖縄全域で栽培・自生している
生産量:ほとんどが自家栽培であり不明。平成16年に沖縄県農林水産部園芸振興課が実施した「伝統的野菜に関する市町村実態調査」報告書によると生産量は約3t。
生産者:上記の同報告書によると栽培農家50戸
流通・購入ガイド
  • いくつかのJAによる流通以外は、ほとんどが自家消費用に栽培され、その一部が直売所などで販売されている。
    入手先に関するお問い合わせ
    沖縄県農林水産部園芸振興課
    〒900-0021 沖縄県那覇市泉崎1-2-2
    TEL 098-866-2266
    調査内容のお問い合わせ
    ローカルジャンクション21
    〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4-1-6-301
    TEL 0422-49-5428 FAX 0422-49-5428

  • 魅力、利用、継承

    ニガナの白あえ。味は塩味で、独特の苦味がなんともいい。

     ニガナ(和名:ほそば、わだん)は琉球王朝の時代から滋養食とされた薬草の一種で、葉、茎、根に苦みがあり、栽培ものより自生しているもの、とくに海辺に近いところに自生しているものは苦みが強いという。この独特の苦味で昔から健胃剤の薬草として重宝されてきた。油分を加えると苦味が和らぐ。ビタミンCやカロテン、カルシウム、カリウムが豊富。

     沖縄本島北部の山原(ヤンバル)地方では、道を歩けば容易にニガナを見つけることができ、自生しているものを採取して料理に使っているが、最近はかなり利用する人が広がったこともあり、栽培も見られる。根ごと採ってきて植え、草取りさえしておけば、あとは何もしなくても通年栽培が可能。

     料理の仕方は、細かく刻んで豆腐と混ぜた白和えが代表的。昔から、青汁にしたり、根を煎じてお茶がわりにしてきた人もいる。最近、島野菜など沖縄の食材を意識的に使って客にふるまうレストランやホテルがふえ、観光客などから喜ばれている(ハンダマ参照)。最近は苦味そのものが敬遠されるが、苦味をおいしい味わいの一つとして楽しめる野菜である。