開会あいさつ
栃木県/栃木県女性農業部会
埼玉県/埼玉食育ボランティア
千葉県/千葉伝統郷土料理研究会 市川支部
東京都/東京都学校給食研究会
静岡県/富士川っ子が育つ会
茨城県/下妻食と農を考える女性の会
群馬県/ぐんま食育サポーター
長野県/子供が輝く食育ネットワーク松本
 


 
Home >> 発表会報告 >> 埼玉食育ボランティア



大澤英広さん

幼児及び高齢者を対象とした
食事バランスガイドと大人への食育

埼玉県/埼玉食育ボランティア 大澤 英広


 埼玉食育ボランティアは、食に関する様々な専門技術や知識を持つ個人・団体に登録してもらい、学校や地域から要請があった際に適切な人材を派遣するという制度です。今回発表された大澤 英広さんも、この制度に登録している個人ボランティアです。大澤さんは管理栄養士や調理士などの資格を持ち、現在はケアマネージャー(介護支援専門員)として勤めるかたわら、その知識を活かしてボランティア活動を行っています。今回は、幼児および高齢者を対象とした食事バランスガイドの活用について発表しました。
 大澤さんは、高齢者関係施設や幼稚園におもむき、独自に作成した幼児用、高齢者用それぞれの食事バランスガイドなどを使って、バランスガイドの普及に勤めています。幼児用のバランスガイドでは、目安となる摂取カロリーの調整やメニューの変更はもちろん、安全な食材、家族団らんなど独自の要素も付け加えています。高齢者用バランスガイドの方は、低栄養への注意や認知症の場合の対応など、高齢者特有の問題への対応をしています。
 大澤さんは、一栄養士として地域の栄養改善に寄与しながらも、マイペース、マイベストという自分のできる範囲でボランティアを続けていくということでした。