開会あいさつ
講演/中橋義幸
福岡県/福岡女子大学しょくぼねっと
佐賀県/オリザジャポニカクラブ
長崎県/西海市地産地消地域推進協議会
熊本県/熊本県食生活改善推進員連絡協議会
大分県/本匠農林水産物生産組合「あぐり」
宮崎県/三者会
鹿児島県/かごしまの“食”推進員
意見交換会


 
Home >> 発表会報告 >> 開会あいさつ



開会あいさつ

(2007年1月20日 熊本交通センターホテル3F大ホール にて)

「食べる楽しさ広げよう!」

 平成19年1月20日におこなわれた九州地域食育推進ボランティア活動発表会は、「食べる楽しさ広げよう!」と題し、7組の食育ボランティアの発表、中橋義幸さん(ホテル日航福岡)の講演に加え、活発な意見交換会ももたれ、非常に内容の濃いものとなりました。

 また発表会の前には、会場となった熊本交通センターホテル前の広場で「おむすびの日」の催しがありました。これは毎年1月17日の「おむすびの日」及び毎月19日の「食育の日」にちなんだもので、平成7年1月17日の阪神・淡路大震災の時、ボランティアによる「おむすび」の炊き出しが被災者の方々の心の支えになったこと、またそのことがボランティア活動への関心が高まるきっかけになったことから、企画されたそうです。

 会場をぎっしり埋めた人々は、舞台でおこなわれる「お米ちゃん」たちのダンスを微笑ましく眺め、民謡歌手で料理研究家の西村直子さんの講演などに熱心に聴き入っていました。

会場でたのしく舞台を見つめる観客

「お米ちゃん」たちのダンス

食育が地域に広がるきっかけづくりとして

挨拶をする南部明弘 九州農政局長

 発表会の開会に先立ち、主催者である九州農政局より、南部明弘 九州農政局長の挨拶がありました。

 「私が子どもの頃は、食べものがあるだけで嬉しかったのですが、今は生活が多様化したこともあり、食に対する意識というものが稀薄になってきたのではと考えております。併せて農業や農村、山などへの意識が薄れたり、家庭での食生活や、食を通じた人と人とのつながりも失われつつあるのではないかと心配しているところもございます。
 一昨年(2005年)6月に『食育基本法』が国の法律として成立し、それを受けて2006年3月には、『食育推進基本計画』が策定されました。そして国や地方公共団体、関係者の皆さんが連携して、食育を国民運動として推進していくこととなりました。
 この活動発表会も、九州の福岡から鹿児島まで、日ごろ活動されておられますボランティアの方々に発表いただくことで、皆様方のご参考にしていただいたり、横の連携になればと考えております。 私ども農政局といたしましては、さまざまな食育に取り組んでいらっしゃる皆様方に対し、食育が地域に広がりますようできるだけ支援していきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします」

と、これからの活動の広がりを期待した挨拶を皮切りに、発表会が始まりました。